薄毛 婚活

MENU

社会的に定着してきたAGAについて

最近はすっかりAGAという言葉が社会的にも定着してきました。

 

AGAとはハゲの治療、薄毛の治療というものですが、以前は薄毛やハゲの治療=恥ずかしいというイメージや先入観がありました。

 

そのため堂々と薄毛の治療などと公言することは難しかったですが、今はAGAという言葉が定着したこともあり、薄毛やハゲの治療は恥ずかしいことではないと感じている人も増えています。

 

AGAの治療をすることで、自分の悩みが解決され、毎日を明るく元気に前向きに生活することができるのであれば、とても重要なことです。

 

また自分に自信を持つことができるようになり、堂々と自分を表現することができるようになる人もいます。

 

AGAは言葉として定着してきましたが、今後は治療内容が定着することを期待します。

 

 

なにかとバタバタしがちな師走を過ぎればお正月がやってきます。

 

その前の1年がどんな年であっても新年を迎えるとやっぱり気持ちが新たになりますよね。

 

そんな1年の始まりとなる気持ち引き締まる正月の食卓には日本ならではの、おせちが並べば彩りがあり、また1年頑張ろう!と良い1年にしようと思えます。おせちの威力は想像以上のものがあって最近では特に用意しない家庭も多いかと思いますが、やっぱりお正月の朝、用意されていると嬉しいものがあります。

 

忙しい家庭でも最近では全部手作りとまでは難しくとも購入できる品物も豊富にありますし力んで立派なおせちでなくともお重につめるだけで、それだけで十分だと思います。なによりおせちは華がありますよね。

 

華があれば笑顔溢れる素敵な年の始まりを迎えられるんじゃないかなと思います。普段の日とは違った特別な日に彩り溢れるおせち。家族で囲みたいものですね。

 

おせち料理は日本の正月の風習

おせち料理は、平安時代からあったようで、その頃には節会(せちえ)とと言われて神様にお供えをするときにおせちと同様な料理が使われていたと言われます。それが、江戸時代あたりから正月料理として使用されるようになったとのことです。

 

和風の食材を大量に使い見栄えも綺麗なおせち料理は、見せるだけでなく食べてもとても美味しいので、正月の楽しみの一つとなっています。

 

このようなおせち料理の風習は、海外にはあまり存在せず、クリスマスのケーキやターキーなどのお祝いや、貴重なパイを焼いてお祝いする国などもあります。

 

おせち料理を食べ過ぎると太ってしまう人が増えるように、高カロリーな食材を多く使うメニューとなる為、美味しくてもダイエット中には食べる量は控えるように心がけるようにします。

 

 

 

 

更新履歴