小さいころはあまり好きではなかったけど

MENU

小さいころはあまり好きではなかったけど

いつの頃からか、おせち料理がすごく好きになりました。

 

小さい頃は、どちらかというとあまり好きでは無く、よってお正月の間は、ほとんど、おせち料理に手を出すことはありませんでした。(私だけラーメンとかカレーとかを別で作ってもらっていました)。

 

が、大学2年生くらいになった頃から、おせちの魅力が理解できるようになり、それこそ一番好きな料理になったといっても過言ではありません。

 

おせち料理は1年のうちでわずか3日の間しか堪能できませんし、仮に別の日に食べたとしても、「新年の始まり」という新鮮な気持ちの中で味わうことはできないのです。

 

箱根駅伝をはじめとする正月番組を見ながら、日本人のソウルフードであるおせち料理を満喫するのが、1年のうちで最も有意義な時間ですねえ。

 

子供におせちを教えたいです

夫と結婚して5年になりますが、おせち料理を食べたことがありません。夫がスノーボードが趣味で冬になると休日は仲間と共にスノーボードをしに雪山へ行ってしまうためです。
夫は年末年始は仲間と泊まりで行くので大晦日から元旦になったときはメールやLINEで新年の挨拶をしました。

 

私としては最初は夫と一緒に年末年始を過ごしたり、おせち料理を食べたりしたかったのですが、夫のいない年末年始に慣れるとおせち料理を作らなければいけないと思うと、作れない私には重荷でしかなく、いないならいないでいいや、と思うようになりました。

 

とはいえ、4歳息子や1歳娘におせちの存在を知らないまま育ってほしくないので、来年のおせち料理は作れるところは作って、作れないところは市販のものを出してそれらしい体裁を作ってみようと思います。